iPadを活用

スマホ

posシステムはものの販売やサービスの提供があった時点においてそれを記録して管理できるシステムであり、在庫管理から商品やサービスの売上げ管理、売れ行きの動向の分析等に有用なシステムです。pos専用機を用いるのが一般的であったものの、近年ではクラウドサービスを併用し、ipadを端末として用いるシステムが広まってきています。 導入に際してはクラウドサービスによるposサービスを提供する企業に申し込みを行うだけでよく、初期導入費用が10万円程度、毎月のサービス利用量が数千円程度から利用開始することが可能です。これに加えてipadの購入費用がかかりますが、店の規模によってその数も抑えることが可能であり、極めて少ない初期投資と維持費で利用が可能です。

ipadを用いるposシステムを導入するメリットは、安価に商品やサービスの網羅的管理が可能になるということに加えて、操作性の容易さから従業員の教育がほとんど必要ないという点が挙げられます。そういった性質から、コンビニや飲食店等のようにアルバイトを雇って仕事に従事してもらい、その売上げの様子を解析することにメリットのある業種において高い需要があります。 飲食店やコンビニ等でipadを用いるシステムを導入することによって、アルバイトの教育をそれほど行わなくともposシステムを運用してもらうことができます。そして、posシステムの記録を用いて今後の仕入れやメニューについての方針を立てていくことが可能であり、ビジネス展開に結びつけられるのです。